元気なしなしとは

ブログ「元気なしなし」とは

このブログはもう一度元気になれるような映画、本、音楽、アニメを紹介するものです。

ただ、元気がないと言っても、その度合いは人によって様々だと思います。
「今はひたすら泣きたい」人もいれば、「もう一度頑張ってみようかな」と思っている人もいるはずです。

そこでこのブログでは、下記のように元気なしなし度をレベル分けして、それぞれに合ったオススメの本、映画、音楽などをご紹介させていただきます。

 

どうして私がこんなことを始めようと思ったのかは、下記をご覧ください。

 

ブログ設立の経緯

 

元気なしなし度

元気がないと言っても、その度合いは人によって全然違います。

例えば心が弱って死にたいと思っている人にゴリゴリの自己啓発本を勧めても、きっと書かれていることを実行できないと思います。

そこで当ブログでは、元気なしなし度という尺度を使って、その人の元気の度合いを4つに細分しました。

 

たまごけむしさなぎちょう
殻に入って
一旦休憩したい人
底は脱して
少しずつ進みたい人
再び飛ぶために
充電中の人

あと一歩を
踏み出したい人

 
ざっくり特徴をまとめるとこんな感じになります。虫にたとえて4段階あるんだなぁ程度に覚えといてもらえればそれでOKです。
 
一応、これから各段階についてより詳細に説明しますね。
 
 

虫にたとえられるって嫌・・・。

なるべく可愛く見せようと努力はしてるんです!
卵のイラストもたまご◯ーロにしてますし…。

 

たまご

「今は誰にも会いたくない」
「ひたすら悲しみに浸りたい」
「死んでしまいたい」

そう思うこともありますよね。
私もたまごのときは現実を受け止めきれず、明日が来るのをベッドの上でひたすら怯えていました。

でも大丈夫。そんな時はただおもいっきり泣いたり、笑ったり、ぐたーってしてればいいんです。死にさえしなければそれでいいんです。

もうちょっとだけ時間が経てば、自然と先のことを考えられるようになりますから。

 

さて、こんな時にゴリゴリの自己啓発本を読んだとしても逆効果になる可能性が高いです。無理に元気になろうと思わず、今を楽しめるようなマンガとかに触れて欲しいなと、個人的には思います。

 

けむし

「底は脱したかな」
「またちょっとずつ頑張ってみようかな」

けむしの人は”自分の力で”たまごの殻を破った人たちです。まずは自分を褒めてあげてください

たまごの殻を破って、少しずつ生きていかなきゃなと思いつつも、とっても苦しい気持ちも残っているかと思います。

慌てずに元気や自信が欠けていてもできる、簡単なことから始めていければと思います。やってみようかなって少しでも思えるようになれれば、それで大成功です

 

けむしの人は一歩ずつ進んでいくことが大切です。ときにはたまごに戻ってしまうこともあるかもしれません。でも、それはそれでいいんです。

一番大切なのはそんな自分をちょっとずつでも受け入れられるようになっていくことです。

 

さなぎ

「この本に書いてあること、もしかしたら自分に活かせるかも」
「自分のこういうところ、変えていこうかな」

この段階まで来れば、もうちょっとです。けむしの時に「やってみようかな」と思っていたことを、「自分にもできるかも」と思えるようになったら、さなぎに成長です。

この状態は苦しさもありますが、また元気になるぞという意欲が勝ってるかもしれません。けむしのときに受け入れた現実を、自分の手で変えてやるぞと奮闘しているかもしれません。

ですが、たまごやけむしから成長して間もない人は、まだ心が傷つきやすい状態なはずです。頑張りたい自分と、頑張れない自分の間で苦しい思いをしていることもあるでしょう。

 

ここでも大切なのはちょっとずつでいいから元気な気持ちを継続していくことです。
一気に頑張りすぎちゃうとガス欠しちゃうかもしれませんし。

時には後戻りもしながら、空を飛ぶ準備をしましょう。

 

ちょう

「ちょっとずつ自信がついてきた!でも最後の一歩が…」
「プライベートは元気になれた!でもいざ会社に行くと…」

ここまで来れた人は、本当に本当に頑張ったんだと思います。まずは自分をたくさん褒めて、認めてあげてください。

さて、自信がついてきたと言っても、過去に負った心の傷がトラウマとして残っているかもしれません。

ひどい失恋をしたことがある人は、気になる人がいたとしても最後の一歩が踏み出せなかったり。転職で失敗したことがある人は、やりたい仕事を見つけたとしても決心できなかったり…。

そんなの怖くて当然です。だから怖がっている自分を責めないであげてください。

 

ちょうまで成長してきた人は、もう空を飛べるんです。ほんの些細なきっかけさえあれば、飛び立つ勇気を持てるはずなんです。

そんなちょうの人には、背中をぽんっと押してくれるコンテンツをご紹介させていただきます。

 

その人の趣向 ー落ち込んだとき、なにしてる?ー

さて、ここまでは元気なしなし度の話をしてきましたが、この尺度だけでは足りません。
というのも、元気がないときにどういうものに触れたいかは、人によって違うと思うからです。

例えばこんな感じ。

 

落ち込んだとき、どんな音楽聴く?

突然どうした。笑
ノリのいいやつかな。嫌なこと忘れらるし

私はバラード聴いておもいっきり泣きたい派

つまり、ノリのいい曲を聴きた気分の人に、バラードばかり勧めても心に響かないと思うんです。
その人にはその人の趣向がありますから。

ということで、そのコンテンツが泣けるのか笑えるのかといった特徴を5段階で評価していきます!

例えばこんな感じ。

音楽の場合
泣ける   :
アガる   :
落ち着く  :
背中押される:

★の数を見て、今の自分が聴きたい音楽を探す際の参考にしてください。

評価はあくまで「元気になれるかどうか」です。演奏のテクニックや歌唱力についてはこのブログでは触れません。

 

まぁレビューサイトって他にもたくさんありますからね。
ちゃんとした音楽的な評価はそういう専門の方に任せます。笑

 

同様にこんな感じで映画、本、アニメについてもご紹介していきます。

ブログについて理解していただいたところで、早速記事をご覧ください!

 

 

【青ブタ】感想 感動青春アニメ!人生観が変わる翔子さんの名言
【サラバ!/西加奈子】感想 自分を変えたい人に贈る貴子の3つの名言
【夏へのトンネル、さよならの出口】感想 疾走感溢れるラノベ!鍵は選択と決別
英語を独学で話せるようになるための勉強法4選【初心者・社会人歓迎】
【青ブタ 最新作】感想・解説 青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない
タイトルとURLをコピーしました