第二新卒は転職に有利?転職に失敗した私の体験談【第二新卒の罠】

第二新卒アイキャッチ転職

この記事はこんな人に読んでほしい

  • 転職をしようか悩んでいる20代社員
  • このままこの会社で働くことに不安を感じている人
  • 転職の失敗談が聞きたい人

 

トラさん
トラさん

転職しようかな

こっぷ
こっぷ

え、どうして?

 

トラさん
トラさん

第二新卒が転職に有利って聞いたからさ…。
おれも今年で3年目だからそろそろ転職しといた方がいいかなって。

こっぷ
こっぷ

う〜ん…。第二新卒かどうかは重要じゃないと思うよ。

というわけで、今回のテーマは第二新卒です。
最近は電車やネットの広告でも若手を求めているものをよく見かけます。

ですがハッキリ言います。
第二新卒は罠です。
第二新卒なんて言葉に踊らされないでください。

今回は第二新卒として転職し、そして失敗、さらにはうつ病にもなってしまった私が、自分の体験談を交えながら第二新卒の転職について語っていきます。かなり偏った意見なので、全部が全部に共感してもらわなくても大丈夫です。

第二新卒とは?どういう意味?

よく第二新卒って言葉を使いますが、そもそもこの第二新卒の定義って何でしょうか?
ということで、少し調べてみました。

<第二新卒とは>
・学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年の方々
・25歳以下の社員
・企業によっては20代なら第二新卒とみなすところも
基本的には入社3年目まで、年齢で言えば25歳以下の人を第二新卒と呼ぶようです。
ただ上にもあるように、厳密に25歳までという線があるわけじゃなく、25歳を超えても第二新卒に含まれる場合もあるようですね。
 
こっぷ
こっぷ

つまり第二新卒の定義ってあいまいなんです。

第二新卒は転職に有利って本当? 転職失敗者が答えます

はてな

よく聞く疑問ですね。
ハッキリ言います。第二新卒が転職に有利というのは嘘です。

嘘というと少し語弊がありますね。正しくは策略だと思うんです。

 

トラさん
トラさん

さ、策略…?

こっぷ
こっぷ

私の個人的な意見ですけどね。もうちょっと詳しくお話します。

 

さっきの定義にあてはめて言うと、3年目までが転職に有利で4年目からは不利ということになります。でもそれっておかしいですよね。留年と違って、その1年で大きく変わることはないはずですし、むしろその1年でスキルが身につくとも考えられます。

なので「企業が第二新卒を求めている」というのは変です。正しくは「企業が優秀な若手を求めている」なんです。

「第二新卒が転職に有利」はバレンタインデーと同じ

突然ですが、バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈るのは日本独自の習慣というのは有名な話ですよね。むしろ海外では男性から女性にプレゼントを贈る日となっている国も多いです。

ではなぜ日本では女性から男性にチョコを贈る習慣が根付いたのか。
その答えはチョコレート販売会社の戦略です。チョコレートを売るために販売会社が仕掛けた策略だったわけです。

私は「第二新卒が転職に有利」というのは、「バレンタインデーにはチョコレートを贈ろう」と似ているなぁと感じています。

つまり転職会社が「第二新卒は転職に有利」という話を広げて、若手に転職をより考えさせるように仕向けているのではないか、というわけです。

こっぷ
こっぷ

もちろん真実は分かりません。
あくまで可能性の一つです。

第二新卒という言葉の捉え方

”転職”は以前と比べて確実に当たり前のモノになってきています。周りで転職する人も決して珍しくない時代になりました。
つまり現代では、転職に対するハードルはかなり低くなっていると言うことができます。
 
そうなると何が起こるかというと、「本気で転職する気はないけれど、一旦話だけでも聞いてみようかな」と転職会社を利用する若手が増えるわけです。転職会社からすると、これだけでまずは客を呼び込むことには成功してると言えます。
 
でもこれだけじゃ足りないんです。彼らは転職を”考えている”だけであって、実際に転職しようと決意しているわけじゃありませんから。そして、そんな漠然と転職を考えている若手に対して、期限を定めるために利用されたのが第二新卒という言葉だと思うんです。
 
つまり、若手で転職をするなら第二新卒のうちに(=3年目までに)という期限を作ったわけです。
これにより転職を考えていた若手社員には焦りが生まれ、転職をより具体的に考えるようにさせているんです。

第二新卒で転職して失敗した私の体験談

こっぷの会社転落人生
  • 2018年夏
    組織再編に巻き込まれ人事異動
    親会社からの出向者を受け入れる部署に異動が決まる
    仕事が全くなく暇を持て余す
  • 2018年秋
    転職
    前みたいに一生懸命働きたい一心で転職を実行
  • 2018年冬
    転職先でミスマッチ
    実際の業務が面接で聞いていた話とは異なり、どんどん落ち込んでいく
  • 2019年夏
    うつ病発症
    毎日耐えていたものの、ついに精神科へ。うつ病の診断を受ける

簡単に説明するとこのような感じですかね。
もちろん転職に失敗したのは自業自得な部分がほとんどではあるんですけどね。でもこうして失敗したからこそ分かることもあります。

こっぷ
こっぷ

今回はそのなかから、第二新卒をテーマに私の失敗談をお話します。

私が第二新卒として転職中に強く感じていたことが2つあります。

  • 第二新卒が終われば自分は転職できない
  • 日に日に自分の価値がなくなっていく

この気持ちが常にあったせいか「早く転職をしなければいけない」と自分で思い込んでしまったんです。

そうして焦るあまり、同時に多数の会社にエントリーしてしまいました。その結果、自己分析や転職に対する理解が不足したまま、複数の企業との面接が始まっていました。そして最終的には勢いだけで転職先を決めるという、リスクの高い選択をとることになりました。

トラさん
トラさん

要するに何が言いたいの?

こっぷ
こっぷ

つまりですね・・・

若手で転職を考えているみなさん、焦らないでください!
第二新卒なんて枠は気にしなくて大丈夫です!4年目でも5年目でも転職はできます。一旦、落ち着いて転職についてじっくり考えてみてください。 

こっぷ
こっぷ

仮に急いで転職をしたとしても、私のようにミスマッチが起こる可能性もありますしね。

第二新卒は転職に有利?転職に失敗した私の体験談 まとめ

長くなったのでまとめます。

  • 第二新卒なんて枠は気にしなくてOK
  • 4年目でも5年目でも転職は可能
  • 転職は焦らず、じっくり考えてからしましょう

私のように転職後に後悔しないようにしてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました